中高一貫校の魅力は、やはり高校を受ける必要がないので、カリキュラムのプランを長い6年間の期間で組むことが可能であり、授業を効率的に進めることが可能であることでしょう。中高一貫校と言うと、一般的には私立の中高一貫校をすぐに思い浮かべるかも知れません。

このような私立の中高一貫校の場合には、効率良く大学を受験するための指導を行っており、高い実績を大学受験において残しています。大学受験の場合の指標の一つとして、東大に受かった人数で比較するという方法があります。東大に毎年入った人数のランキングの場合、間違いなくトップクラスは私立の中高一貫校になっています。

従来は、中高一貫校と言うと、私立の中高一貫校しかありませんでした。しかしながら、近年は私立の中高一貫校でなく、公立の中高一貫校が増えてきています。では、どうして最近公立の中高一貫校が増えてきているのでしょうか?というのは、公立の中高一貫校の場合は、負担が経済的に少ないためです。公立の中高一貫校は、このようなことから、ますます人気が高くなってきています。公立の中高一貫校は、国としても将来的にさらに増やそうとしているようなので、大学を受験する場合にはおすすめでしょう。