メリットが中高一貫校の場合にはいろいろあるそうですが、最大のメリットはどのようなものなのでしょうか?最大の中高一貫校のメリットとしては、大学へ進学する率が高いことです。ほとんどの中高一貫校においては、大学を受けることを見据えたオリジナルの授業が行われています。東大の最近の合格者を見てみれば、ランキングの5位までは私立と国立の中高一貫校が独占しているそうです。

このような国立の中高一貫校の中には、現役で合格する率が非常に高く、東大に約半分の卒業生が入っているところもあるそうです。また、有名な私立大学などの高い人気がある付属高校の場合には、推薦枠が内部で進学する生徒のために設けられています。そのため、普通の入学試験を受けて入る場合に比べて、内部で進学する場合はあまり厳しくないので、このような大学に付属している中高一貫校を目指すこともあります。

基本的に、カリキュラムが公立の高校と中高一貫校では違っています。中高一貫校の場合には、カリキュラムは一貫した6年間のものによって授業を受けるのが可能であることがメリットです。また、高校を受けるために学習する必要がなく、先取りして高校で学習する範囲を学習できることもメリットでしょう。