高い評価を公立の中高一貫校の場合には受けています。中高一貫校が公立の場合にも設けられた理由は、大学へ進学する高い実績が中高一貫校の方があるためです。大学へ進学する実績のみでは、学校教育における結果というのは測ることができないと言われています。しかしながら、学校教育の結果は、このことを抜きにできないということも真実でしょう。

東大に入る生徒は、国立・私立の中高一貫校を卒業した人が6割を実際に占めているそうです。以前のゆとり教育のためなどから、公立の高校と私立の高校で学習するレベルに違いが出てきたからでしょう。そのため、公立の高校を再建するために公立の中高一貫校が出てきました。現在、東大に多く入っているのは、国立や私立の中高一貫校の卒業生です。将来的には、公立の中高一貫校がここに加わってくるようになってくるでしょう。

相当公立の中高一貫校は高い人気があり、実績をこれから伸ばしてくるでしょう。実際に、公立の中高一貫校の一期生から、東大に5名受かったところがあるそうです。中高一貫校のメリットは、前倒しで授業ができることです。高校の学習内容を中学校の3年生で学習することができます。さらに、意欲がある仲間と6年間競争することができます。