中高一貫校の場合には、メリットだけでなくデメリットもあるそうです。では、どのようなメリットとデメリットが中高一貫校の場合にはあるのでしょうか?中高一貫校のメリットとしては、中学校と高校を分けていないため、勉強を体系的に行うことが可能であることです。また、高校を受けるというハードルがなくなるため、精神的な無駄な重圧から逃れることができます。また、6年間同じクラスになるため、対人関係もより深くなります。いずれにしても、中高一貫校というのは非常にメリットがあります。

このように中高一貫校の場合には、いろいろなメリットがありますが、デメリットももちろんあります。公立の中高一貫校の場合は、受験の倍率が非常に高く、このような人気が継続すると、受験が私立の中学校のように厳しくなるのではないでしょうか。また、6年間同じクラスであるため、対人関係で問題が生じる非常に面倒です。また、学習する意欲が、高校を受ける必要がないため低下する恐れがあります。

しかしながら、このようなデメリットよりも、やはり多くのメリットがあるのは明確でしょう。公立の中高一貫校の場合だけでなく、私立の中高一貫校の場合でもいろいろなメリットがあるため、中高一貫校は非常におすすめでしょう。