高校で学習することを先取りして学習できることが、中高一貫校の魅力です。ゆとり教育の場合には、中学校で学習する内容が多くないため、高校になって最終的には非常に大変になってきます。そのため、大学を受ける場合でも大変になるでしょう。

しかしながら、中高一貫校の場合には、一般的に高校で学習する内容を中学校の3年生で学習するようになります。公立の高校の3年生で学習する内容を、高校の2年生までに中高一貫校の場合には全部終わってしまいます。そのため、高校の3年生の間は、大学を受けるための対策に全ての時間を充てることができるようになるということです。

最近、中高一貫校の場合には、私立のところのみでなく、公立のところも多くなってきており、優れた生徒を募集しています。公立の中高一貫校の場合は、授業料も無料になっており、授業のレベルが非常に高いものを受けることができるようになっています。もし、家庭が経済的に厳しいのであれば、このような授業料が無料の中高一貫校が非常におすすめでしょう。教育も満足に受けることができないため、現在教育に格差が出てきていると言われていますが、このような公立の中高一貫校があるということは非常にいいのではないでしょうか。