中高一貫校はいろいろなメリットがあるそうです。では、どのようなメリットが中高一貫校にはあるのでしょうか?ここでは、中高一貫校のメリットについて見ていきましょう。担任の先生が持ち上がりする場合が多いことが、中高一貫校のメリットです。中学校の1年生の時に担任になった先生は、ずっと高校の3年生まで持ち上がりする中高一貫校舎がほとんどです。

持ち上がりする場合は、もし担任した生徒の成績が良くなかった場合、だれの責任かはっきりしているため、非常に担任の先生たちが努力します。そのため、あの先生たちが努力してくれなかったため成績が良くなかったというようになり、他の先生の責任にするようなことはできなくなります。

子供たちのレベルが同じようなものであるため、授業は子供たちのレベルに応じたものを受けることが可能であることが、中高一貫校のメリットです。中高一貫校の受験の場合に選抜するということによって、レベルが同じような子供たちが集まってくるため、授業を先生たちも進めやすいでしょう。一方、一般の公立の中学校の先生の場合には、どのようなレベルで授業を行えばいいのか分からないため、非常に授業を進めるのが困難になってくるでしょう。