子供さんが公立の中高一貫校を受ける場合には、不幸にして受からないこともあるでしょう。では、子供さんが公立の中高一貫校を受けた場合に、もし受からなかった場合にはどうすればいいのでしょうか?公立の中高一貫校を受けるために、一生懸命に子どもさんが頑張ったとしても、残念ながら受からなかったというようになってしまうこともありえます。特に、公立の中高一貫校を受けるために全力を出し尽くした子供さんほど、受からなかった場合の衝撃は大きいでしょう。

このようになった場合には、よく頑張ったと子供さんの努力に対してねぎらうことが大切でしょう。そして、今回、公立の中高一貫校を受けるために努力してマスターした、読む、書く、考えるというような癖は、今からの人生においても必ず役に立つことであるため、無駄になることはない、というように子供さんに対して話をしてあげることが必要ではないでしょうか。

あるいは、いつまでも必要な癖であり、高校を受ける場合でも大学を受ける場合でも、さらに社会人になった場合でも必要なものなので、公立の中高一貫校を受けるために努力したことは、将来の人生において自分にとって宝物になることを子供さんにしてあげましょう。