何事に対しても子供さんに興味を持たせることが、公立の中高一貫校に合格するためには必要でしょう。例えば、作文で自分が考えていることを子供さんが表す場合、自分の経験の中に書きたいと興味を持つようなことが多くあるほど強みになります。作文が上手になるためには、いかに身の回りにあるものに興味を持つことができるかということが非常に影響します。

例えば、面白いと保護者が言っているようなことについては、興味を子供さんも持つようになるものです。さらに、子供さんが興味の持ったものについて、自分で子どもさんが調べて、自分で理解することが大事です。自分なりに理解してくれば、それが子どもさんは楽しくなり、興味をもっと持つというようにいい方向に向かいます。そのため、どんどんいろいろなことに興味を持つようになって、他の人にも伝えたいと考えるようになっていきます。

このような場合には、十分に自分で考えることが大事です。そのため、保護者がそばで答えをすぐに準備しないで、子供さんに考えさせましょう。そして、子どもさんが自分で考えたことを十分に聞いてあげましょう。このようなことが、考える力を子どもさんが養うことになってくるのです。