中高一貫校を受ける場合には入学願書が必要になります。ここでは、中高一貫校を受ける場合の入学願書の内容と出願時期について見ていきましょう。中高一貫校の入学についての案内が、毎年9月頃からほとんどの自治体においてスタートします。この入学についての案内は、各自治体にある教育委員会の公式サイトなどで紹介されます。そのため、中高一貫校を受けたい場合には、まず、この内容について確認しましょう。次に、入学願書が、それぞれの中高一貫校においてだいたい11月〜12月にかけて配られます。

それぞれの中高一貫校によって、入学願書を提出する時期については違いがあります。しかしながら、だいたい11月下旬〜1月下旬が入学願書の受付の期間になっています。入学願書を受付する方法は、受付を郵送だけで行う場合や持参する場合など、中高一貫校によって違っているため前もってチェックしておきましょう。

また、受験料が、実際に中高一貫校を受けるためには必要になってきます。中高一貫校を受ける場合の受験料としては、だいたい2,200円になります。この受験料についても、中高一貫校に念のために確認しておきましょう。受験料を納入する場合には、入学願書に自治体で買った証紙を貼り付ける必要があります。