面接が中高一貫校を受ける場合にはあります。ここでは、中高一貫校を受ける場合の面接の内容についてご紹介しましょう。面接としては、集団での面接と個人での面接がありますが、中高一貫校によって違ってきます。保護者が一緒に面接を受けることは、どちらの面接の場合でもありません。面接の場合には、はっきりと答える、正しい姿勢をする、いつも笑顔で、丁寧にお辞儀をする、などというようなマナーが大事です。このようなマナーに関しては、ネットなどで紹介されているものを参考にするといいでしょう。

質問について回答する内容が、面接の場合に一番大切なことです。この回答については教科書通りにはなりません。というのは、面接の場合に、中高一貫校側としては回答として模範的なものを要求しているということではないためです。しかしながら、よく質問されるのは、志望の理由、将来的な夢、自分のいいところ、好きな科目、小学校において努力したことのテーマについてです。

面接の場合の代表的なこのような質問については、それぞれの質問についての回答内容を文章にしてみるなどによって、文章にした通りにいつでも回答することができるように何度も訓練しておくといいでしょう。