中高一貫校に受かるためには、適性検査が大切になってきますが、適正検査以外にも大切なものはあります。では、どのようなものが中高一貫校に受かるためには必要なのでしょうか?調査書の取り扱いが、中高一貫校に受かるためには必要になってきます。私立の中高一貫校の場合には、調査書の評価については重視をそれほどされていません。しかしながら、調査書の評価が、公立の中高一貫校の場合には合否に影響を及ぼします。

では、調査書というのはどのような内容なのでしょうか?通っている小学校で調査書は作ってもらう必要があります。一般的には、小学校の5年生と6年生の成績を、調査書には書いてもらうようになります。調査書において大切になってくるのは、それぞれの科目の学習記録というものです。この場合には、3段階で各科目の学習の状況に関して評価します。

また、行動の記録に関しては、責任感や生活態度、思いやり、などについて評価しますが、保護者は書いている内容がどのようなものか不安になるのではないでしょうか。しかしながら、良くないことはほとんどの場合実際には書かれていません。このような内容に関しては、それぞれの中高一貫校によって評価が違っているため、確認してみましょう。