作文力をマスターすることが、公立の中高一貫校の適性検査のためには必要でしょう。ほとんどの公立の中高一貫校の適性検査において、作文が出されます。では、どうして作文は、ほとんどの公立の中高一貫校の適性検査において出されるのでしょうか?というのは、受験生に対して公立の中高一貫校が要求している表現力や考える力を確認するためには、作文が一番適しているためです。作文のスタイルとして多いのは、300文字〜600文字くらいで自分の意見や考え方を記入させるものです。

作文の基礎をマスターするためには、まず作文を書いてみることです。具体的な方法としては、ちょっとずつでもいいので、とにかく自分の考え方を毎日作文として書いてみるというような癖をつけましょう。このような作文は、毎日継続することが特に大切です。一度、作文を書くことを止めてしまうと、また書き始めるのが面倒になるため、必ず欠かさないように毎日書きましょう。

また、他の人がよく理解できるように、作文を正しく書くということも必要です。そのためには、文章が論理的になるように、起承転結などの書き方を把握するようにしましょう。公立の中高一貫校の適性検査の対策のためには、このような作文の力を養うことが大切でしょう。