魅力がある公立の中高一貫校に入りたい、と思っているような人もいるのではないでしょうか。では、公立の中高一貫校を受験するために、どのような試験があるのでしょうか?ここでは、公立の中高一貫校を受験する場合の適性検査についてご紹介しましょう。

適性検査というものが、公立の中高一貫校を受験する場合にはあります。簡単に言えば、この適性検査というのは、筆記試験のことです。しかしながら、この適性検査の内容に関してはほとんど人が詳しく知らないようです。この適性検査というのは、教科別の私立中学の入学試験のようなものではなくて、教科に関係ないトータル的な試験です。例えば、理科の実験材料としてリサイクルするものを使用したり、計算を周りにある環境問題を考えながら行ったりするような問題などが出されます。

また、作文がほとんどの公立の中高一貫校の受験の場合には課せられます。この作文のだいたいの傾向としては、どうしてそのように考えるのか自分の考えを記入しなさい、などのような、回答がいろいろ考えられるような問題が全体を通じて出されます。そのため、公立の中高一貫校を受験する場合には、この適性検査についての対策を十分に行っておきましょう。